病害虫防除農薬開発2 主要害虫に対する新農薬の防除効果

病害虫防除農薬開発2 主要害虫に対する新農薬の防除効果

県名青森県
研究機関名地方独立行政法人青森県産業技術センター野菜研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継S51〜
年度2010
概要目的:主要害虫に対する新農薬の防除効果を検討する。 成果:実用性が認められた薬剤はヤマノイモのワタアブラムシ及びジャガイモヒゲナガアブラムシに対するアドマイヤー1粒剤(4kg/10a)、ヤマノイモのナガイモコガに対するアクタラ粒剤5(6kg/10a)、プレバソンフロアブル(5)2000倍、ジャガイモのジャガイモヒゲナガアブラムシに対するBCI-093SL2000倍、ME5343顆粒水和剤2000倍液、ネギのネギアザミウマに対するコルト顆粒水和剤2000倍、ゴボウのゴボウヒゲナガアブラムシに対するアドマイヤー1粒剤(4kg/10a)、ゴボウのネグサレセンチュウに対するネマキック粒剤(20kg/10a)、ニンニクのイモグサレセンチュウに対するクロルピクリン錠剤(10錠/10a)、キルパー液剤(60L/10a)、ニンニクのネギアブラムシに対するハチハチ乳剤4000倍、カブのナモグリバエに対するマハラジャ乳剤1000倍、ホウレンソウのアシグロハモグリバエに対するスピノエース顆粒水和剤5000倍であった。ヤマノイモのワタアブラムシ及びジャガイモヒゲナガアブラムシに対するハチハチ乳剤1000倍は判定不能であった。ニンニクのイモグサレセンチュウに対する石灰窒素(100kg/10a)は効果が認められなかった。
研究分担病虫部
予算区分受託(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030167832
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat