4 地球温暖化に対応した農作物の安定生産技術の開発  1)りんごの果実日焼け及び樹体凍害の発生条件の解明と防止技術の確立  (1) 果実日焼けの発生条件の解明と防止技術の確立  ア 日焼け発生条件の特定  (3)高温条件下での紫外線の影響

4 地球温暖化に対応した農作物の安定生産技術の開発  1)りんごの果実日焼け及び樹体凍害の発生条件の解明と防止技術の確立  (1) 果実日焼けの発生条件の解明と防止技術の確立  ア 日焼け発生条件の特定  (3)高温条件下での紫外線の影響

県名青森県
研究機関名地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H21〜22
年度2010
概要目的:露地に比べ高温条件下で、かつ紫外線の影響をみるため紫外線透過量をかえたビニールハウス内で管理し、日焼け果の発生状況を調査する。成果:日焼け果の発生は、紫外線量が大幅に少ない区で‘つがる’では少なく、‘ふじ’では逆に多かったことから、紫外線量と日焼け発生との因果関係は判然としなかった。‘ふじ’の紫外線量が少ない区で日焼け果の発生が多くなった原因として、果実の着色が著しく悪かったため、軽い日焼けでも赤色で隠されず、症状を強く判断してしまったものと考えられた。
研究分担栽培部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030167887
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat