9 りんご病害虫の発生動向に応じた新防除技術の開発  3)りんごにおける新たなIPM利用技術の開発  (2) モニリア病に対する有効性  ア 乗用草刈り機による下草除草  

9 りんご病害虫の発生動向に応じた新防除技術の開発  3)りんごにおける新たなIPM利用技術の開発  (2) モニリア病に対する有効性  ア 乗用草刈り機による下草除草  

県名青森県
研究機関名地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜25
年度2010
概要目的:モニリア病の子実体粉砕を目的とした乗用草刈り機による子のう胞子の柱頭感染抑制効果について検討する。成果:実腐れの発生は認められたものの区間には大きな差がなく、判然としなかったが子のう胞子の飛散状況から、深刈り区では子実体を粉砕したことにより飛散数が少なくなったと推察される。った。深刈り区では子実体を粉砕したことにより飛散数が少なくなったと推察される。
研究分担病虫部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030167975
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat