11 個性豊かな新系統を活用した“りんご品種のトータルプロデュース”  3)品種特性を活かした高付加価値商品の開発  (1) 加工品の試作 

 11 個性豊かな新系統を活用した“りんご品種のトータルプロデュース”  3)品種特性を活かした高付加価値商品の開発  (1) 加工品の試作 

県名青森県
研究機関名地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H22〜23
年度2010
概要目的:本年度行った加工品の試作状況を報告する。成果:果肉ジャム:尾上りんご商業協同組合りんご加工処理場(広部康夫)の評価。青り24号:酸味が高いので、糖度を50%にするとゲル化剤を添加しなくてもゲル化すし、りんごと砂糖だけのジャムが作れ、糖度50%でも糖酸が調和する。 肉質は加熱すると軟化しやや崩れるが、固形は残る程度。香気はあまりなく、くせのないジャムになる。 青り25号:酸味が高いが、青り24号程でなく、ゲル化剤の添加が必要。 肉質は加熱しても崩れることなく、しっかりした固形となる。独特の甘い香気をもっており、特徴のあるジャムになる。
研究分担品種開発部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030167998
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat