12 特産果樹の需要拡大を図る高品質果実の生産・貯蔵技術の開発1)セイヨウナシ‘ゼネラル・レクラーク’及びブドウ‘サニールージュ’の高品質生産・長期貯蔵技術の開発(1)セイヨウナシ‘ゼネラル・レクラーク’の高品質果実の生産・貯蔵技術の開発  ア 収穫果の簡便な追熟技術の開発  (2)エチレン処理の現地実証試験 

 12 特産果樹の需要拡大を図る高品質果実の生産・貯蔵技術の開発1)セイヨウナシ‘ゼネラル・レクラーク’及びブドウ‘サニールージュ’の高品質生産・長期貯蔵技術の開発(1)セイヨウナシ‘ゼネラル・レクラーク’の高品質果実の生産・貯蔵技術の開発  ア 収穫果の簡便な追熟技術の開発  (2)エチレン処理の現地実証試験 

県名青森県
研究機関名地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜25
年度2010
概要目的:現地で収穫された果実を用いてエチレン処理を行い、追熟中の果実管理の難易を検証し、食べ頃の果実が適切に出荷できるかを検討する。成果:処理により、追熟の日数を短縮し、追熟の揃いを良好にすることができた。今回の方法に準じて、揃った食べ頃の果実を提供できることから、道の駅等、小規模の出荷に活用できるものと思われる。しかし、果実の追熟程度の確認には、黄化程度だけでは判断が難しく、輪紋病等での腐敗果を取り除く必要があるため、追熟容器を頻繁に開ける必要があり、追熟中の湿度の確保、より簡便な追熟程度の確認などを検討する必要がある。
研究分担県南果樹部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030168001
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat