12 特産果樹の需要拡大を図る高品質果実の生産・貯蔵技術の開発1)セイヨウナシ‘ゼネラル・レクラーク’及びブドウ‘サニールージュ’の高品質生産・長期貯蔵技術の開発  (2) ‘サニールージュ’の高品質果実の生産・貯蔵技術の開発  (3)結果枝の性質と果実品質の関係  

 12 特産果樹の需要拡大を図る高品質果実の生産・貯蔵技術の開発1)セイヨウナシ‘ゼネラル・レクラーク’及びブドウ‘サニールージュ’の高品質生産・長期貯蔵技術の開発  (2) ‘サニールージュ’の高品質果実の生産・貯蔵技術の開発  (3)結果枝の性質と果実品質の関係  

県名青森県
研究機関名地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜25
年度2010
概要目的:‘サニールージュ’は平成18年から補助品種に位置づけられ、県では普及拡大を推進している。このため、高品質果房を安定生産するため、適正樹相の解明が求められている。そこで、結果枝の性質と果実品質の関係について検討する。成果:摘心前(展葉10〜11枚時)に61〜80cmの新梢に着生した果房は、17.1〜20.0%の糖度、81〜100%の着色面積、4以上の着色指数、301〜400gの果房重の割合が高かった。しかし良品率は5割に達しなかった。
研究分担栽培部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030168008
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat