体外受精卵高度生産システムの開発による高能力牛増産技術の確立

体外受精卵高度生産システムの開発による高能力牛増産技術の確立

県名青森県
研究機関名地方独立行政法人青森県産業技術センター畜産研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜24
年度2010
概要目的:経腟採卵・体外受精技術を利用した、新たな一卵性双子生産技術を開発し、更なる優良雌牛群の早期増産や高能力種雄牛作出のためのクローン検定の簡易化を図る。 計画:(1)胚の分離技術及び分離胚培養技術の確立。(2)分離胚の受胎率向上技術の確立。(3)フィールドにおける実証試験。 得られた成果:(1)2細胞期胚を分離して作製した2分離胚を移植して、一卵性双子の作出を実証した。(2)2分離胚の凍結方法として超急速凍結法が有効であることを確認。 成果の受け渡し先:例数を重ねた上で県の指導参考資料に掲載するとともに、本技術を応用したクローン検定を実施する。
研究分担繁殖技術肉牛部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030168061
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat