きゅうり長期どり生産技術の確立

きゅうり長期どり生産技術の確立

県名岩手県
研究機関名岩手県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完20〜22
年度2010
概要【目的】高い保温効果を期待できる「空気膜二重ハウス」を導入し、作期拡大し、露地作型と合わせた長期安定生産体系を確立する。 【予定成果】空気膜2重構造ハウスを用いた早熟と抑制作型を組み合わせたきゅうり無加温栽培で18t/10aを達成した
研究分担園芸研究室(技術部)
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030168205
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat