いわて雑穀生産・販売戦略を支援する品種開発と持続的安定生産技術の確立

いわて雑穀生産・販売戦略を支援する品種開発と持続的安定生産技術の確立

県名岩手県
研究機関名岩手県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新22〜26
年度2010
概要【目的】高品質な雑穀の安定生産と、化学肥料を用いない栽培技術を確立する。 【予定成果】加工・栽培特性に優れた雑穀オリジナル品種の提示、雑穀の持続的安定生産技術の提示
研究分担作物研究室(県北農業研究所)
予算区分県単
業績(1)岩手県における雑穀主要病害虫の被害実態.
(2)アワ初期害虫に対する防虫網等資材による被害低減効果はない.
(3)雑穀の移植栽培における育苗培土が移植苗の素質と移植後生育に及ぼす影響.
(4)平成20、21年産の低アミロース短稈新品種ヒエの水溶性画分の抗酸化性
(5)育苗培土の違いがヒエ2品種の発根に与える影響について
(6)温湯浸漬がヒエ黒穂病の胞子発芽と種子発芽に与える影響
(7)雑穀の畑移植栽培における裁植密度が移植後生育と収量に及ぼす影響.
(8)岩手県における雑穀栽培・研究のあゆみと近年の主要研究成果
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030168278
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat