園芸作物病害虫の現場対応型防除技術の開発

園芸作物病害虫の現場対応型防除技術の開発

県名秋田県
研究機関名秋田県農林水産技術センター農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継(H16)〜(H20)
年度2010
概要目的:環境への影響を最小限に抑えたメジャー野菜、地域特産野菜の病害虫防除技術を確立する。 計画:エダマメ、ネギ、メロンなどの効率的防除技術の確立ほか 成果:エダマメベト病、ネギアザミウマについて、薬剤の散布適期を確認した。メロン土壌病害はクロピク剤のみではなく太陽熱消毒を組み合わせることで効果が高いことを確認した。また、生産現場から依頼された病害虫の発生実態を把握し、その有効手段について検証・防除方法を提供した。 
研究分担生産環境部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030168460
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat