生産・流通・加工工程における体系的な危害要因の特性解明とリスク低減技術の開発

生産・流通・加工工程における体系的な危害要因の特性解明とリスク低減技術の開発

県名秋田県
研究機関名秋田県農林水産技術センター農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新(H20)〜(H24)
年度2010
概要目的:田畑輪換を考慮した高Cd農産物生産リスクを低減する総合的な対策体系を構築する。 計画:ダイズのCd吸収抑制技術の開発とCdリスク低減対策の構築に向けた生産リスクの予測技術の開発 結果:ソルガムの栽培方法による吸収能力に有意差は認められなかった。高い地下水位が根域を制限し吸収を抑制する。リスク予測については、転換後の作付け回数(年数)が重要な変数であることを明らかにした。
研究分担生産環境部
予算区分受託(農環研)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030168468
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat