イネ無代かき直播とダイズ散播浅耕栽培技術の確立

イネ無代かき直播とダイズ散播浅耕栽培技術の確立

県名秋田県
研究機関名秋田県農林水産技術センター農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継(H19)〜(H23)
年度2010
概要目的:日本海側水田土壌における低コスト水田輪作技術体系を前提とした、水稲の無代かき湛水直播栽培と、無代かきによる畑地促進効果を活用したダイズの狭畦および散播による無培土栽培技術を確立する。 計画:復元田における無代かき湛水直播の検討。無代かき後のダイズ狭畦栽培の効果的な栽培法の検討。 成果:(1)復田、連作とも無代かきの玄米外観品質、整粒率が、代かきに比べ高かった。(2)晩播狭畦は外観品質に優れ、蛋白含有率も高く、良品質多収技術として期待される。
研究分担作物部
予算区分受託(独法)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030168471
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat