副生グリセリンを活用する暖房機を組み合わせた秋冬期の寒冷地省エネ花き生産技術開発

副生グリセリンを活用する暖房機を組み合わせた秋冬期の寒冷地省エネ花き生産技術開発

県名秋田県
研究機関名秋田県農林水産技術センター農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新(H22)〜(H24)
年度2010
概要目的:バイオディーゼル燃料の精製過程で生じるグリセリンを有効活用するため、グリセリンを燃料とする農業用暖房機を開発する。さらにEOD(日没後短期昇温処理)反応を利用した省エネ栽培法を確立し、新たな暖房機と栽培法を組み合わせて、従来の化石燃料使用量を大幅に削減する。 計画:秋冬期花き生産における加温体系の確立と、省エネルギー栽培体系の経営評価を行う。
研究分担野菜・花き部
予算区分実用技術開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030168499
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat