水稲害虫フタオビコヤガの効率的防除体系の確立

水稲害虫フタオビコヤガの効率的防除体系の確立

県名山形県
研究機関名山形県農業総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継21〜23
年度2010
概要水稲害虫フタオビコヤガの防除要否の判定技術を開発する。さらに、本種の増加要因解明と薬剤の防除効果試験を行い、効率的な防除体系を確立する。 7月上中旬のコバネイナゴ防除、8月上旬の斑点米カメムシ類防除における防除体系および薬剤の変化が近年のフタオビコヤガ発生量増加に関与していると推察された。 フタオビコヤガは、その被害株率が100%未満の場合、防除する必要はなく、被害株率が100%の場合は幼虫の大きさと被害度を調査し、中齢幼虫が主体で6月上旬は食害度が75、7月上旬および8月上旬は食害度が25を超える場合は減収する可能性があることが明らかになった。 フタオビコヤガに適用がある茎葉散布殺虫剤6剤について、ほ場試験により防除効果を調査したところ、若中齢幼虫に対しDEP乳剤、MEP乳剤、シラフルオフェンEWの効果が高く、老齢幼虫に対してDEP乳剤とシラフルオフェンEWの効果が認められた。
研究分担食の安全環境部
予算区分県単
業績(1)山形県における水稲害虫防除体系とフタオビコヤガ発生量の関係
(2)水稲害虫フタオビコヤガの発生時期に及ぼす気温の影響について
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030168598
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat