新肥料及び新資材に関する試験

新肥料及び新資材に関する試験

県名山形県
研究機関名山形県農業総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H22
年度2010
概要水稲・麦栽培におけるP、K減肥基準策定のための連絡試験  低K圃のK0区でm2籾数の増加、中K圃、高K圃ではK0区で若干の収量の低下が見られた。また、すべての試験圃において、H21と同様に、K3区は慣行区と同等の生育、収量、品質であった。 土壌診断・資材の特性評価に基づく適正施肥技術の確立  オガクズ牛ふん堆肥を2年連用した畑においてエダマメのリン酸及びカリの吸収量が、同成分を減肥した区で標肥区より上回った。各堆肥区の生育、収量及び各成分の吸収量から、汚泥肥料を除く各堆肥連用区(連用4〜8年)について無施肥での栽培が可能であると認められた。 新たに開発された肥料等資材の効果と効率的な使用法を検討する。  水稲用新肥料5資材について県内での適応性を評価した。
研究分担食の安全環境部
予算区分受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030168618
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat