最上川水系におけるアユ資源量調査技術の開発

最上川水系におけるアユ資源量調査技術の開発

県名山形県
研究機関名山形県内水面水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H23
年度2010
概要目的:最上川本流は雪解け増水の影響で遡上アユの資源量を直接的に把握することは困難なため、代表的なアユ漁場である支流において遡上アユ資源量を把握して最上川水系の資源量の指標となり技術を開発する。
研究分担資源調査部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030168714
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat