庄内海岸クロマツ林の健全管理・更新手法の確立

庄内海岸クロマツ林の健全管理・更新手法の確立

県名山形県
研究機関名山形県森林研究研修センタ−
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜24
年度2010
概要目的:過密化したクロマツ林を健全な状態へ移行する手法、老齢化した林分を防災機能を維持したまま更新する手法の確立 成果:列状に本数調整伐を行うと、下層や上層を伐採するよりも、防風機能がいじできる。また、主風方向(東西方向)の列間を疎に、主風と直交方向(南北方向)の列間を密にすることによつて、雪害等に強い効果的な防風林を造成できると考えられた。
研究分担森林環境部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030168722
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat