野菜・花き類の養液栽培における品質向上化技術の確立

野菜・花き類の養液栽培における品質向上化技術の確立

県名福島県
研究機関名福島県農業総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H18〜H22
年度2010
概要目的:新たな技術開発により、農産物の食味や安全性など、より特徴的な品質向上を図り、消費者のニーズに応えるとともに養液栽培の経営に寄与する。 成果:トマトのロックウールによる養液栽培において最低気温を低く設定して栽培したとき、糖度は培地温を無加温とし培養液ECを2とすることで高くなる。全期間可販果収量は培養液をEC1とし培地温を加温することで高くなるが、糖度は低くなる。コマツナのNFT+毛管水耕栽培において、有機質肥料を主体としてカルシウムや微量要素等を化成肥料で補給することにより、化成肥料のみで栽培するより植物体中硝酸態窒素濃度を低く抑えられ、収穫までの日数も同等とすることができる。
研究分担作物園芸部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030168836
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat