主要果樹(モモ、ナシ、オウトウ)の高生産性省力型樹形の開発

主要果樹(モモ、ナシ、オウトウ)の高生産性省力型樹形の開発

県名福島県
研究機関名福島県農業総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H18〜H22
年度2010
概要目的:省力的かつ高品質果実生産を可能とする樹形および作業別省力技術を検討し、総合的省力型高品質果実生産技術体系を確立する。 成果:(1)モモの平棚栽培 立木栽培に比較して幹周が小さく、樹高、主枝高が劣った。一方、樹幅は大きく樹冠の拡大が大きい傾向にあった。収量は立木で多かった。 (2)生産性の高いモモの台木の選定 台木部の幹周で長野野生モモが大きい傾向が認められた。また、筑波4号で樹冠の拡大が大きかった。 (3)ナシのジョイント型樹形 接木は2012年になる見込みであるが、準備のためのジョイント型整枝の生育がもっとも優れた。 (4)ナシ連作土壌への堆肥や微生物資材の投入 供試した投入量では苗木の生育に影響はみられなかった。
研究分担果樹研究所
予算区分県単
業績(1)作業性の良い樹形構成と樹形モデルの考え方
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030168874
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat