生産コストと付加価値を考慮した地鶏の生産流通方式の確立

生産コストと付加価値を考慮した地鶏の生産流通方式の確立

県名福島県
研究機関名福島県農業総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H18〜H22
年度2010
概要目的:県産地鶏の需要は増加しているが、生産現場からはコストの低減が求められており、また、生産される肉の斉一性がとれていないという点が指摘されている。そこで、飼料費に着目した生産コスト低減を図るとともに、肉質の向上と斉一性を高めるための試験を行い、安定生産に向けた飼養管理技術を確立する。 成果:会津地鶏に市販ブロイラー用仕上げ飼料の一部を米ぬかで代替する場合、28日齢からの給与開始と90日齢からの給与開始のいずれも、増体及び産肉能力に差はないことを実証した。会津地鶏むね肉の肉質を味覚センサーで測定した結果、解体処理(脱骨)時間によって旨味成分値における有意差はみられなかった。会津地鶏(雄雌)を1・3・5・7日齢でデビークした場合、日齢が進むに従い作業時間がかかったが、生産性(発育、飼料消費量、飼料要求率、悪癖の発生)には影響はみられなかった。
研究分担畜産研究所
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030168878
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat