新機能カイコ・まゆ・シルク生産技術の創出

新機能カイコ・まゆ・シルク生産技術の創出

県名福島県
研究機関名福島県農業総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H18〜H22
年度2010
概要目的:高品質、高物性などの繭糸を産生し、かつ高強健性であるカイコを作出し、その飼育技術体系およびカイコの機能利用法を確立するとともに有用な特徴をより発現させるべく生糸の繰製技術および加工・製品化技術を体系的に開発する。 成果:「小石丸」と「中515号」の交雑後代種では計量形質と生糸伸度は「GK-2-I」、生糸強度は「GK-2-E」が最も優れる。家蚕とクワコの交雑後代種では「レモンA即」が最も優れるが、更なる選抜改良が必要である。
研究分担作物園芸部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030168890
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat