黒毛和種繁殖牛群のデータベース化による最適交配システムの開発

黒毛和種繁殖牛群のデータベース化による最適交配システムの開発

県名福島県
研究機関名福島県農業総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H18〜H22
年度2010
概要目的:銘柄「福島牛」の確立に向け、肉用牛、特に改良の基礎となる繁殖雌牛群の産肉・種牛能力の改良が求められている。育種価の活用によって効率的な改良が期待できることから、県内繁殖雌牛群の産肉・種牛能力の遺伝的能力について評価法などを検討するとともに、育種価情報や血統をデータベース化した最適交配システムを開発し、交配支援・指導による一層の改良を推進する。 成果:県内繁殖雌牛を従来の産肉能力に偏重した改良から、種牛能力を加味したバランスのよい改良をするため、交配支援システムを作成した。本システムには、農家の交配時に必要なデータがまとめられているため、総合的な判断のもと交配種雄牛の選択が可能となる。
研究分担畜産研究所
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030168896
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat