カレイ類資源管理手法の開発

カレイ類資源管理手法の開発

県名福島県
研究機関名福島県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H18〜22
年度2010
概要目的:主要カレイ類、キアンコウの資源状況及び新規加入状況を把握し、資源の適正な利用手法を検討する。  成果:漁獲物調査から各魚種の次漁期の資源動向等を推定した。
研究分担水産資源部
予算区分国庫補助(農水省)
業績(1)カレイ類資源管理手法の開発(沿岸性カレイ類
(2)カレイ類資源管理手法の開発(沖合性カレイ類)
(3)カレイ類資源管理手法の開発(ババガレイ漁場形成要因の解析)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030168929
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat