有用遺伝資源の保存利用法  (2)野菜

有用遺伝資源の保存利用法  (2)野菜

県名茨城県
研究機関名茨城県農業総合センター生物工学研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H4〜
年度2010
概要目的:新品種育成のために用いる遺伝資源を収集、評価する。 成果:イチゴ萎黄病抵抗性品種「アスカウェイブ」の分譲を受け、萎黄病抵抗性の評価を行ない、茨城県で発生している萎黄病菌に対しても抵抗性を示すことを確認した。またイチゴ「ひたち姫」、「ひたち4号」についてランナー苗の増殖を行ない、メロン「イバラキング」の両親を交配しF1種子を作出した。
研究分担野菜育種研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030168987
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat