レタスの厳寒期新作型の開発

レタスの厳寒期新作型の開発

県名茨城県
研究機関名茨城県農業総合センタ−園芸研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継 H21〜23
年度2010
概要目的:トンネル栽培における端境期解消とハウス栽培におけるレタス栽培を組み込んだ新たな作付け体系を確立するため、1〜2月の厳寒期に収穫する作型について、適品種の選定を行うとともに、ハウスやトンネル内の温度を調査し、レタスの生育、凍害および生理障害との関係を明らかにし、保温、換気技術を開発する。 成果:慣行の農ビ1重被覆にアルミ蒸着フィルムを併用することで、調整球への凍害の発生を防止することが出来た。更に、空気緩衝材を併用することにより、農ビ+アルミ蒸着フィルム区に内張を併用するのと同等の保温効果を得ることが出来た。
研究分担野菜研究室
予算区分県単 
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030169003
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat