トマト難診断・難防除病害虫の分子生物学的診断法と防除技術の開発

トマト難診断・難防除病害虫の分子生物学的診断法と防除技術の開発

県名茨城県
研究機関名茨城県農業総合センタ−園芸研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継 H20〜24
年度2010
概要目的:近年被害が増加しているトマトかいよう病、青枯病、茎えそ細菌病等について、土壌還元消毒や抵抗性台木等の防除効果を検討し、総合的な防除体系を確立する。また、迅速な診断ができる簡易診断法を確立する。 成果:青枯病に対する低濃度エタノールを用いた還元型土壌消毒の防除効果を確認した。また、強い耐病性を有する耐病性台木品種の高接ぎ木は、有効な防除手段であると考えられた。茎えそ細菌病に対しては、PCR法による迅速な診断技術を確立した
研究分担病虫研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030169030
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat