和牛種雄牛の産肉能力検定 (現場後代検定法)

和牛種雄牛の産肉能力検定 (現場後代検定法)

県名茨城県
研究機関名茨城県畜産センター肉用牛研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継S46〜
年度2010
概要(社)全国和牛登録協会で定める産肉能力検定現場後代検定法に基づき2頭の候補種雄牛について1種雄牛あたり概ね15頭の産子を2カ所の検定場で肥育し、去勢は29ヶ月未満,雌は32ヶ月齢未満で出荷した。安福幸、根茂賢2頭について検定が終了した。枝肉重量及び脂肪交雑の推定育種価(BMS)が県評価基準値に対して安福幸が+9.603,+0.072,根茂賢191が+4.568,−0.521となったことから,安福幸のみを選抜した。
研究分担改良研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030169118
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat