2 生産性向上技術の開発 (1)農作物の低コスト高生産技術の確立 (4)露地野菜の高品質安定生産技術の確立 ウ.水田を活用した土地利用型野菜の加工・業務向け省力多収品目の選定

2 生産性向上技術の開発 (1)農作物の低コスト高生産技術の確立 (4)露地野菜の高品質安定生産技術の確立 ウ.水田を活用した土地利用型野菜の加工・業務向け省力多収品目の選定

県名栃木県
研究機関名栃木県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H20〜22
年度2010
概要目的:水田を有効活用し、省力的な生産方式による導入が可能な加工・業務用の新規露地野菜品目を選定する。併せて経営的評価を行う。 成果:たまねぎの直播栽培は、播種時期の天候条件により発芽率が低下しやすく、発芽初期の虫害による欠株の発生により収量が不安定となりやすい。また、直播栽培に登録のある除草剤がないことから普及性は低いと判断された。本県に適したにんにくの植え付け時期と収穫時期及びらっきょうの適正な栽植密度について検討した。
研究分担野菜研究室企画経営室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030169234
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat