2 生産性向上技術の開発 (1)農作物の低コスト高生産技術の確立 (7)鉢物花きの省力安定生産技術の確立 ア.ファレノプシスの生育に適する植え込み資材と施肥管理技術の確立

2 生産性向上技術の開発 (1)農作物の低コスト高生産技術の確立 (7)鉢物花きの省力安定生産技術の確立 ア.ファレノプシスの生育に適する植え込み資材と施肥管理技術の確立

県名栃木県
研究機関名栃木県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜24
年度2010
概要目的:バーク培地において肥効調節型肥料を用いた効率的な施肥管理を検討する。 成果:2.5号鉢上げから4号鉢定植前までの生育に適した肥効調節型肥料の施肥量は、リニア型ロング424-360日タイプ、270日タイプいずれの溶出タイプとも1.6g、被覆加里k-180日タイプ0.4gが2回であると考えられた。
研究分担花き研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030169239
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat