アユ種苗放流効果検証試験

アユ種苗放流効果検証試験

県名栃木県
研究機関名栃木県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H21〜H22
年度2010
概要目的:限られた放流費用で解禁時及び漁期中の釣果をより一層高めるアユ放流手法を検討する。 成果:小型種苗を用いて放流尾数を増やし、漁場内のアユ生息尾数を増大させるとともに、大型種苗を混ぜて放流し解禁時の釣獲可能サイズを数的に確保する狙いで、漁業協同組合と連携して小型・大型種苗混合放流を試みた。その結果、当該漁協の解禁時の釣れ具合を大幅に向上することができた。 問題点:アユ漁場を管理する他の漁業協同組合にも普及を図る必要がある。
研究分担指導環境部
予算区分県単
業績(1)アユ種苗放流効果検証調査 −系統間の釣果比較−
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030169286
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat