抗病性魚育種試験

抗病性魚育種試験

県名栃木県
研究機関名栃木県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H20〜H22
年度2010
概要目的:アユ人工採苗事業において、アユ親魚の継代の繰り返しが子の冷水病に対する抗病性に及ぼす影響を調査する。 成果:那珂川系人工産アユ1代目と5代目では、5代目の方が冷水病に弱いことを人為感染試験により明らかにし、関係者に情報を提供した。この結果を受け栃木県漁業協同組合連合会では、3年ごとに天然アユを親魚として導入する努力目標を立てた。 問題点:冷水病への抗病性に関係する遺伝的要因を明らかにし、抗病性系統を樹立する必要がある。
研究分担水産技術部
予算区分県単
業績(1)アユ冷水病浸漬ワクチン連絡試験
(2)魚病NOW,イワナの水腫症
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030169301
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat