飼料作物の選定と栽培技術の確立 -トウモロコシ二期作栽培技術の確立-

飼料作物の選定と栽培技術の確立 -トウモロコシ二期作栽培技術の確立-

県名栃木県
研究機関名栃木県酪農試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継(H21〜H23)
年度2010
概要目的:本県でのトウモロコシ二期作における最適な品種の組み合わせ、収量性を明らかにするとともに、生育予測モデルを二期作用に更新し、本県におけるトウモロコシ二期作の有用性を検討する。 計画:生育予測モデルを二期作用に更新するために、作期移動試験を行う。 成果:二期作を想定した作期移動試験を行った結果、播種が早いほど乾物収量は多くなった。また、2次元ノンパラメトリック法を用いてDVR値を算出したところ、日平均気温と日長による変動が大きくなった。
研究分担草地飼料
予算区分県単・受託(農林水産省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030169340
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat