遺伝子組換えカイコの大量飼育システムの構築と普及

遺伝子組換えカイコの大量飼育システムの構築と普及

県名群馬県
研究機関名群馬県蚕糸技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H19〜23
年度2010
概要目的:有用遺伝子を導入した組換えカイコを農家に普及させるため、卵の供給体制と、農家及び稚蚕共同飼育所の施設器具の利用を前提に拡散防止を講じた大量飼育方法を確立する。 、成果:組換えカイコの年間供給体系を策定と、全齢人工飼料育による繭の周年生産が可能であることを確認した。また、室内条桑育において、プレハブ冷凍庫を利用した殺虫処理により拡散防止を図ることができた。
研究分担蚕糸研究係
予算区分受託(農林水産省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030169472
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat