医学研究用モデルブタの受精卵凍結保存法に関する研究開発

医学研究用モデルブタの受精卵凍結保存法に関する研究開発

県名埼玉県
研究機関名埼玉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H19〜H23
年度2010
概要(独)農業生物資源研究所と他の共同研究機関で、医学研究用モデルとして作出されたブタの受精卵について研究する。医学研究用モデルブタの作出の成功率は数%と低く貴重な遺伝資源であることから、作出したブタの遺伝情報を損なうことなく長期に保存する技術が必要である。そこで、当所では独自に開発したMMV法を用いて、受精卵をより効率的に保存する技術を確立する。
研究分担畜産研/養豚・養鶏担当
予算区分受託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030169555
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat