I  農林水産業の生産力向上 (1)生産力を高めるための栽培・飼育・繁殖・養殖等、千葉県独自の生産技術体系の開発 1 水田における土地利用型作物の高品質・安定生産技術の確立 5 水田における飼料用稲の生産利用技術の確立 (1) 飼料用米の生産・利用技術の確立3) 飼料用米栽培における家畜ふん堆肥活用技術の確立

I  農林水産業の生産力向上 (1)生産力を高めるための栽培・飼育・繁殖・養殖等、千葉県独自の生産技術体系の開発 1 水田における土地利用型作物の高品質・安定生産技術の確立 5 水田における飼料用稲の生産利用技術の確立 (1) 飼料用米の生産・利用技術の確立3) 飼料用米栽培における家畜ふん堆肥活用技術の確立

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜23
年度2010
概要 牛ふん堆肥を連用した水田において、飼料米専用品種「べこあおば」の粗玄米収量は化学肥料無施用区の611〜661kg/10aに対して、施用区では781〜904kg/aと多収であった。また、「べこあおば」の粗玄米収量は、「ちば28号」に比べて12〜38%多かった。堆肥施用量と土壌中可給態窒素量との間に明確な関係は認められなかった。
研究分担土壌環境
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030169660
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat