I  農林水産業の生産力向上 (1)生産力を高めるための栽培・飼育・繁殖・養殖等、千葉県独自の生産技術体系の開発 3 畑作物の高品質・高生産技術の確立 1 いも類の高品質・安定生産技術の確立 (1) 新規開発除草剤及び生育調節剤の特性解明と利用技術の確立

I  農林水産業の生産力向上 (1)生産力を高めるための栽培・飼育・繁殖・養殖等、千葉県独自の生産技術体系の開発 3 畑作物の高品質・高生産技術の確立 1 いも類の高品質・安定生産技術の確立 (1) 新規開発除草剤及び生育調節剤の特性解明と利用技術の確立

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H22〜22
年度2010
概要 カンショを対象に、新規登録及び適用拡大を目的とした除草剤の効果及び使用法を明らかにした。「CG-119α乳剤」、「ANK-553乳剤」、「トリフルラリン粒剤」、「トリフルラリン乳剤」及び「AK-01液剤」は、除草効果が高くカンショに薬害は認められず、実用性があると判断された。
研究分担畑作
予算区分受託(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030169664
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat