III 国際化に対応できる力強い経営体の育成 (1)地域条件等を活用した経営管理手法の開発 26 新たに開発した生産技術の経営的評価 1 生産力向上技術に関する経営的評価 (1) 地域水田農業確立のための水稲新技術導入体系の解明 

III 国際化に対応できる力強い経営体の育成 (1)地域条件等を活用した経営管理手法の開発 26 新たに開発した生産技術の経営的評価 1 生産力向上技術に関する経営的評価 (1) 地域水田農業確立のための水稲新技術導入体系の解明 

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜23
年度2010
概要 大規模稲作経営をモデルとして、早期乾田直播栽培を導入した場合の規模拡大効果を試算した。試算では、従来の移植のみ体系の71.5haが、早期乾田直播栽培を導入した体系で91.3haと拡大した。この拡大は、「コシヒカリ」の直播の導入で収穫時期の重ならない早生品種の作付を増やせることから可能となった。
研究分担流通経営
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030169837
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat