VII 次世代農林水産業を支える革新的技術への挑戦(1)バイオテクノロジー手法の活用に関する技術開発41 作物の育種効率を高めるためのバイオテクノロジー手法の開発 2 遺伝子工学を活用した育種技術の開発 (3) トマトのネコブセンチュウ抵抗性に連鎖したDNAマーカーの開発

VII 次世代農林水産業を支える革新的技術への挑戦(1)バイオテクノロジー手法の活用に関する技術開発41 作物の育種効率を高めるためのバイオテクノロジー手法の開発 2 遺伝子工学を活用した育種技術の開発 (3) トマトのネコブセンチュウ抵抗性に連鎖したDNAマーカーの開発

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H22〜22
年度2010
概要 ネコブセンチュウ抵抗性トマトの育成に向け、抵抗性を識別するDNAマーカーを開発する。Mi3抵抗性遺伝子座に連鎖したDNAマーカーの開発・改良を行い、形質分離系統を含む23系統・品種のネコブセンチュウ抵抗性検定及びDNAマーカーによる遺伝子診断を行った。この結果、抵抗性遺伝子を保有する個体が認められなかった。新たに集団の育成が必要であるため、本課題を中止とする。
研究分担植物
予算区分県単
業績(1)トマトの複合抵抗性品種および感受性品種のDNA多型比較
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030169885
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat