採卵鶏主要銘柄経済性能比較調査

採卵鶏主要銘柄経済性能比較調査

県名千葉県
研究機関名千葉県畜産総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H13〜
年度2010
概要養鶏農家で一般的に飼養されている採卵鶏8銘柄について、育成成績、産卵諸性能、卵質および糞中含水率について調査した。育成率はすべての銘柄が97%以上と良好な値を示した。産卵率はシェーバーブラウンがもっとも良好で91.3%を示した。卵質成績では、ハウユニットはバブコックB-400VS、卵殻強度はジュリアが良好な値を示した。ふん中含水率はローラが低い値を示した。22年度は、ジュリア、ハイラインマリア、ジュリアライト、バブコックB-400、デカルブホワイト、ボリスブラウン、シェーバーブラウン、ゴトウもみじの8銘柄について調査をする。
研究分担養豚養鶏研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030169913
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat