親子判定を利用した交配タイプ別授精適期の推定

親子判定を利用した交配タイプ別授精適期の推定

県名千葉県
研究機関名千葉県畜産総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜H23
年度2010
概要授精適期を推定する目的で、交配タイプ別に1回目に交配したオスの産子の割合を調査したところ、発情確認後すぐに交配するタイプでは23〜24%であり、発情確認半日後に交配するタイプでは47%であった。今年度は、授精適期の推定のために、当センターの授精試験については発情確認からの時間だけではなく、排卵時期の推定に近いといわれる電気抵抗値やホルモンの値についても併せて調査を行う。
研究分担生物工学研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030169931
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat