高泌乳牛における泌乳平準化を図る新たな周産期栄養管理技術の開発

高泌乳牛における泌乳平準化を図る新たな周産期栄養管理技術の開発

県名千葉県
研究機関名千葉県畜産総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H23〜H25
年度2010
概要高泌乳牛では、分娩から泌乳最盛期までの泌乳初期には飼料エネルギーの摂取が必要量を満たせないため、乾乳期(分娩前)にある程度の体脂肪を蓄積させておき、泌乳最盛期には穀物主体の濃厚飼料を多給することが推奨されている。 しかし、この飼養管理では、乳牛の健全性や繁殖性の低下につながりやすいことから、乾乳期のエネルギー給与水準の見直し等を行い、高泌乳を維持しながらも乳牛の健全性を重視した新たな飼養管理技術を開発する。
研究分担乳牛肉牛研究室
予算区分受託(農林水産省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030169948
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat