ナシ根域制限栽培による品質・生産性の向上

ナシ根域制限栽培による品質・生産性の向上

県名東京都
研究機関名財団法人東京都農林水産振興財団東京都農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H22〜26
年度2010
概要「ナシ盛土式根圏制御栽培法」において,都内主力品種を栽培した場合の効果や問題点を明確にし,操作が簡易で安価な灌水システムを作り,都内ナシ栽培の現状に適した根域制限栽培システムの開発を行う。ここでは定植2年目の各品種の生育状況と慣行法における収穫1年目の収量・果実品質について調査を行った。新梢の伸長量は「豊水」を除くすべての品種において新システムで旺盛な生育となった。長さ50cm以上の側枝の本数は品種によりばらつきがみられた。慣行法における収穫1年目の収量・果実品質調査を行った。夏期の異常な高温・乾燥により,果実の肥大が抑制され,全ての品種において小玉果となった。今後は新システムにおける収量・果実品質,短果枝の着生などについて継続して調査し,都内主力品種を栽培した場合の効果や問題点の明確化,経済性などを含めた総合的な評価を行う。
研究分担園芸技術科
予算区分都単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030170020
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat