5.地産地消に適した園芸作物の新品種選定及び栽培技術の確立 (1)地産地消に適した新品種の導入、育成 (ア)優良種苗特性検定試験

5.地産地消に適した園芸作物の新品種選定及び栽培技術の確立 (1)地産地消に適した新品種の導入、育成 (ア)優良種苗特性検定試験

県名神奈川県
研究機関名神奈川県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継S29〜
年度2010
概要目的:園芸作物や畑作物について本県への適応品種を探索、評価し、有望品種については現地への積極的な普及を図る。 計画:(1)野菜品種の特性検定、(2)畑作物品種の特性検定、(3)花壇苗の特性検定 期待される成果:野菜、畑作物の本県への適応品種を検索し、普及に移す。
研究分担野菜作物研究部、果樹花き研究部
予算区分県単、 受託 (民間)
業績(1)トンネル被覆資材を連用した省力輪作体系の確立−(第1報)早春どりタマネギ栽培における収穫時期に及ぼす品種及びトンネル設置時期の影響−
(2)トンネル被覆資材を連用した省力輪作体系の確立−(第2報)早春どりタマネギ栽培から短節間カボチャの連続栽培体系の確立−
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030170119
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat