30.高度生産技術を活用した優良家畜の造成 (6)受精卵移植産業の形成を目指した種豚生産・導入システムの構築

30.高度生産技術を活用した優良家畜の造成 (6)受精卵移植産業の形成を目指した種豚生産・導入システムの構築

県名神奈川県
研究機関名神奈川県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H22〜24)
年度2010
概要目的:非外科的移植の手法を用いて、新鮮胚やガラス化加温胚を輸送後に非外科的に移植するシステムを開発することで種豚生産・導入システムの構築を図る。 計画:(1)豚胚の客観的評価法の確立(2)豚胚の輸送システムの検討(3)輸送胚の客観的評価とその後の生存性の検討 期待される効果:生産者の庭先でガラス化保存胚を非外科的に移植する手法を確立することで、種豚生産・導入システムの構築を図る。
研究分担畜産技術所 (繁殖工学)
予算区分受託 (独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030170198
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat