37.家畜に優しい飼養管理技術の開発 (1)家畜福祉に配慮した種豚飼養技術の検証

37.家畜に優しい飼養管理技術の開発 (1)家畜福祉に配慮した種豚飼養技術の検証

県名神奈川県
研究機関名神奈川県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜23
年度2010
概要目的:家畜福祉に配慮した豚房施設や放牧による飼養方式等について、行動、生産性等を指標として総合的な福祉的評価をし、本県の風土に適合した豚の家畜福祉に配慮した飼養技術を検証する。 計画:(1)福祉的要素を取り入れたほ乳・離乳子豚の飼養管理方法の検討 期待される効果:養豚における家畜福祉に配慮した飼養方式のメリット、デメリット等のデータの集積。本県の風土に適合した豚に優しい飼養技術の検証。家畜福祉に配慮した飼養方式による高付加価豚肉の生産。
研究分担畜産技術所 (中小家畜)
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030170214
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat