野菜等におけるPOPsのリスク低減技術の開発

野菜等におけるPOPsのリスク低減技術の開発

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所園芸研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜24
年度2010
概要目的:残留性有機化学物質(POPs)指定のドリン剤は30年以上も前に使用禁止されているにもかかわらず、未だにキュウリ果実から基準を超えた残留性ドリン剤が検出される場合がある。そこでキュウリ生産を対象としたドリン類のリスク軽減技術を開発する。 内容:(1)土壌汚染推定技術の開発  (2)ファイトレメデーション技術の確立  (3)活性炭を利用したPOPsの吸収抑制技術の確立  (4)活性炭のネガティブ効果の検証 期待される成果:POPs汚染のないキュウリの生産。 得られた成果:(1)沖積土では抽出方法の違いによる影響は少ない(2)ズッキーニのみかけのドリン吸収量は20%(年2作)、(3)活性炭の効果の持続性を2年4作まで確認。 成果の受け渡し先:県内指導機関等 残された問題点:継続実施
研究分担環境・施設科
予算区分国委
業績(1)活性炭を利用したキュウリのPOPs吸収抑制技術に関する研究 (第1報) 施用量決定法の検証
(2)活性炭処理土壌における土壌処理殺虫剤利用技術の検討(第2報)アブラムシ類対象殺虫剤の失活
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030170344
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat