多様なニーズに応える食品の加工利用技術の開発、2 高粘弾性食品の物性調整技術の検討、 (こんにゃく)

多様なニーズに応える食品の加工利用技術の開発、2 高粘弾性食品の物性調整技術の検討、 (こんにゃく)

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所食品研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H20〜22
年度2010
概要目的:易咀嚼・易嚥下性食品開発のための基礎的知見の集積、成果:こんにゃく粉濃度、凝固剤の種類、混合時間を変えることで、こんにゃくの物性が変化することが認められた。
研究分担穀類食品科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030170375
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat