県産果実「桃、おけさ柿」等の高品位加工品の開発、2 ブランド化できる高品位の加工技術の検討と試作

県産果実「桃、おけさ柿」等の高品位加工品の開発、2 ブランド化できる高品位の加工技術の検討と試作

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所食品研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H21〜23
年度2010
概要目的:「桃、おけさ柿」について生果実の特徴を持った加工品を検討する。、成果:過熟の桃を用いると加工品(コンポート)の硬さはほぼ均一になるものの、褐変や崩れを生じやすく品質の低下することが認められた。柿の場合には、干し柿の色調は乾燥速度により異なることが認められた。
研究分担園芸特産食品科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030170397
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat