アミロペクチン長鎖型の超硬質米による米粉新需要食品の開発、1 超硬質米の利用特性解明、 ・製粉技術と米粉特性

アミロペクチン長鎖型の超硬質米による米粉新需要食品の開発、1 超硬質米の利用特性解明、 ・製粉技術と米粉特性

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所食品研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜24
年度2010
概要目的:超硬質米の小麦粉用途に適した製粉技術の開発、成果:EM10米粉の添加量が増えるに従い米菓の難消化性デンプン含量が増加したが、米菓の比容積は小さくなり堅くなった。また、パーボイル処理によるパンの老化防止効果認められたところから、EM10 の加工適性向上の可能性が示唆された。
研究分担穀類食品科
予算区分受託(農林水産省)
業績(1)超硬質米の製粉特性と難消化性澱粉利用食品加工
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030170409
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat