穴あき病に強いニシキゴイ新品種開発

穴あき病に強いニシキゴイ新品種開発

県名新潟県
研究機関名新潟県内水面水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完21〜22
年度2010
概要目的:中国産コイ品種(荷包紅鯉)とニシキゴイの交雑魚を利用し、耐病性と商品価値を保有する品種を開発する。また、穴あき病耐病性品種の選別を容易にするためDNAマーカーを開発する。、成果:穴あき病感染試験で生残した個体(耐過魚)を用いることで、紅白系および光りもの系で耐病性と品質とが両立した交雑魚を作出し、穴あき病に強いニシキゴイの育種手法を開発できた。AFLP法を用い、DNAマーカーと耐病性との関連性を調査したが、バンド数が多い割に多型が少なく、耐病性との関連性も低かった。
研究分担養殖課
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030170445
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat